鼻中隔延長

鼻中隔延長手術とは鼻中隔と鼻翼軟骨の間に耳介軟骨移植または肋軟骨移植を行い

鼻先を下げて鼻を伸ばす手術。元々鼻が上を向いた人、L型プロテーゼを入れられ、

アップノーズ&鼻の穴が見える鼻向きです。鼻中隔延長術のオープン法とクローズ法、

隆鼻術(T型プロテーゼ)・鼻尖縮小・鼻翼縮小(小鼻縮小)の手術との組合せ、

鼻中隔軟骨を採取して移植、将来の軟骨変形のリスクは?など症例写真とともに説明。    

鼻中隔延長の解剖  鼻先を下げるには、鼻中隔軟骨が

鼻中隔軟骨


支持性が強いので、その末梢(赤)に

鼻中隔延長の実際耳介軟骨移植or肋軟骨移植して延長

鼻中隔延長で鼻を下に向ける

鼻中隔延長手術は高度な技術を要します。医師が鼻の手術を多数経験し、アフターケアをキチンとする医院が望ましいです。評判を調べ口コミやご紹介も重視しましょう。

鼻中隔延長の一般的費用

鼻中隔延長術費用の幅は大きいのですが、オープン法よりクローズ法の方が外に傷が残らないので良いのですが、料金が高い傾向です。。?

鼻中隔延長手術でどれだけ鼻尖を下げられるか、鼻を伸ばすことが可能か?変形のリスク、傷の問題などご説明します。

鼻中隔延長の医学

鼻中隔延長手術は短鼻を治せる一番の方法です。鼻先を押し下げるのが、自分の軟骨ですから、シリコンプロテーゼのように将来、皮膚が破れて飛び出るようなことはありません。