Q&A よくある質問とその答え

回答をすべて開くすべて閉じる

鼻中隔延長とI型プロテーゼ+鼻尖軟骨移植はどう違いますか?

よく似ていますが、鼻中隔延長では鼻翼軟骨ごと下げるのに対して、I型プロテーゼ+鼻尖軟骨移植では鼻尖部の皮膚を下げるため、鼻の穴を見え難くする効果は鼻中隔延長の方が効果的です。

鼻の皮膚が薄いいようですが手術は受けられますか?

プロテーゼのような異物で鼻先を突き上げませんから問題なく手術は出来ます。

鼻尖縮小とは、どう違うのですか?

鼻中隔延長自体は鼻先を細くするような手術操作は行いませんが、鼻を下に伸ばす事が細くする、細く見せることにつながります。積極的に細くしたい場合は鼻尖縮小術を併用すべきでしょう。

鼻中隔延長で鼻の穴が大きいのは治るのでしょうか?

鼻中隔延長では鼻の穴の大きさは変わらないのですが、鼻が下を向く事での穴が見え難くなり、結果的に穴が目立たなくなります。

麻酔はどんな麻酔を使いますか?

局所麻酔で行いますが、鼻の周囲から行う2段階ブロック麻酔なので、ほとんど痛くありません。

麻酔で具合が悪くなった場合は手術は受けられるのですか?

麻酔で具合の悪くなったことのある方は、事前にご相談ください。アレルギーの素因が考えられます。

局所麻酔が効かないことはありますか?

滅多にありませんが、もし効かない場合は、静脈麻酔の併用か全身麻酔となるでしょう。
ページトップへ

耳から軟骨を取ると耳が変形しませんか?

いわゆるフレームの部分は残して面上の部分から採取しますので変形と言う程のことはありません。但しやや耳の硬さが柔らかくなったような印象になります。

採取することもある肋軟骨とは「じょなんこつ」と読むのですか?

「ろくなんこつ」と読みます。胸骨から外側に伸びる肋骨の基部の部分が軟骨になっていますので、ここを採取するのです。

抜糸はいつですか?

通常一週間後になります。
ページトップへ

手術後は痛いですか?

鼻は痛いと言うよりツッパリと重い感じ、耳は意外に痛くありません。肋軟骨採取部は少し痛い傾向です。ですが入院するほどのことはありません。

内出血の色は出ますか?

特に心配するほどの内出血は見られませんので、顔が紫になるようなことはまずありませんが、鼻周辺が少し黄色になるくらいはあります。

腫れはどの程度でひきますか?

手術直後は、3目位が腫れのピークでその後、徐々に引いていきますが、社会復帰は10日位をみて下さい。

傷跡はめだちませんか?

鼻の手術をクローズ法で行えば外に傷がないから問題ないでしょう。オープン法で行った場合は鼻の穴と穴の間に横方向の傷が残ります。通常はほとんど目立たなくなりますが、消えるわけではありません。また体質からこの傷が段差に人が稀にいます。なお採取部の耳の傷は問題にならないでしょう。肋軟骨を取った場合の胸の傷はバストがよほど大きくない限り、バストが被さって隠すことになりませんから、それなりに分かります。

術後変形のリスクはいつまで見た方が良いですか?

術後早期は物理的な力の左右差から曲がるリスクがあります。その後は移植組織の生着具合で若干の変形のリスクはありえますので、術後1年までは変形のリスクは考えた方がよいです。なお変形と言っても社会復帰に妨げになるほどの酷い変形にはならないものです。
ページトップへ

お化粧はいつから可能ですか?

抜糸翌日、術後8日くらいから可能と考えて下さい。

鼻中隔延長で外人風のカッコ良い鼻にしてもらった場合、腫れが引いてそうなれるのは、いつ頃からでしょうか?

術後早期、1週間後の抜糸の際は、むくみが多少あってもカッコ良い感じの鼻になっています。